トップページ> 具体的な保険申請

具体的な火災保険申請・要点、要領

------------------------------------------------------------------

申請時に気を付けたい事柄

   保険申請時、事故報告書で火災保険会社の査定員は、どこを見るか
 ・ 被害の報告の家屋と、契約の家屋が一致しているか?(最重要)
 ・ 事故報告書の写真で被害が明白に分かるか?
 ・ 被害の日時と事故原因の気象(台風、竜巻、突風などの発生時刻)が一致しているか?
 ・ 報告の被害がはたして突発的な強風の為に発生した事故かどうか?
   (経年変化による劣化ではないか?)

※ 要領良く申請書類を書く、事故報告書

  火災保険の保険申請に必要な書類は;
 事故報告書と被害箇所の写真、破損を復元するために修理金額の見積書が必要です。
また、事故報告書には、被害にあった契約者の名前、住所、当該の火災保険契約書の写しか
契約番号(この契約番号で、会社は契約の確認ができます)被害に遭った日時、被害の原因
具体的にどこが破損し、その修理にいくら掛るのか?その見積が査定をするために必要です。 
これらを簡潔に詳しく、解り易く作成する必要があります。 書類が不備だと振込がおそくなったり後回しにされたり、何か不審に思われたりしますので、正直に、簡潔明瞭に作成することが
肝要です。
 

※ 事故報告書に何を報告するのか?

     ・ 被害家屋が、契約の建物住所と一致していることを明記すること
 ・ 被害の原因と思われるもの、被害にあった日時を明記する
 ・ 契約番号、契約者の名前を明記、見積者の会社名、代表者の名前
 ・ その証拠としてできれば、表札も撮影するのが良い
 ・ 被害箇所が家のどこなのか分かるような撮影の仕方に注意
 ・ できれば、被害箇所を大きく見やすく撮影する
 ・ 被害の撮影箇所と見積の項目が解り易くしてあるとベター
 ・ どのように修理するのかその修理過程があるとベター  
 

※ 事故報告書について知っていた方が良いこと

   補償金は、被害を復元するために必要な費用を記述した見積をベースに査定されるのでが、その見積金額以上に補償金がでないことは、明白です。 見積全額でることもありますが、見積から何かしらの項目金額が削られるか、その単価を減額されるのが通常です。 ですからお客様にそのことを良く説明することが必要で、実質の修理金額に補償金が達しなっかた場合には、お客様に負担をお願いしなければなりません または、何か修理を工夫して、工事金額、工事工数を減らして工事を実施しなければなりません。
最近では、例の無料屋根修理業者が大変多くの案件を持ち込み、中にはワザと屋根を壊して風災のように申請する輩もいて、審査、査定が厳しくなっています。 火災保険会社には、共通の情報管理のシステムがあって、このような不正があるとブラックリストに報告され、次に見積、事故報告を実施しても受付てくれない事象も発生しています。 
   見積としては、2階建ての家屋の屋根修理には必ず足場が必要で、これは建築安全法上費用が認められますので、項目に含めてください。 また諸経費、一般管理費、事務手数料、交通費、養生費などの見積項目は、保険会社によっては認められないことがありましたので、注意が必要です。(認める会社もあります)
   その他、具体的な被害、破損個所によって、補償金がでるものをお知らせいたします。
メニューの”補償金がでる修理の事例”を参照してください。 
   風災、雹災での保険金の請求は申請の代行を認めない火災保険会社もあります。 報告書(事故報告書)は、お客様ご自身で火災保険会社か、その代理店に提出して頂きますが、その場合は書類を代行会社が、実際の提出はお客様に行って頂きます。 また保険会社とも折衝も行います。 またはお客様に折衝のアドバイスもいたします。
一般的に、屋根修理業者さんは火災保険については、本業ではありません。 屋根修理に専念して頂くためにも、火災保険の申請代行が必要と考えています。 どうぞ便利な我々火災保険申請代行業務をご利用ください。 
  Copyright@火災保険・************* All rights reserved